古書の買い取りは別れであり、新たな出会いでもあることを知ろう

手順を知っておくと便利

お金を手に入れる男性

古書の買い取りをしてもらうことを検討している方は多くいるでしょう。ですが、実際にはどういった手順で行うべきかを理解していない方は多いはずです。数冊であれば、店頭に持ち込めばいいでしょう。ですが、数が多いようであれば、そういったわけにはいきません。事前に準備が必要となります。
まず大事なことは、買い取りしてもらおうと思っている古本屋に連絡を入れることです。電話をするのが最もスムーズですが、営業時間内の連絡が難しいという方はメールでも問題はないでしょう。最近では、古本屋もホームページを開設しています。電話番号やメールアドレスはそこで確認することができるでしょう。
連絡を入れるときに伝えるべきことは、まずは希望をする買い取り方法です。古書を店頭に直接持ち込むのか、宅配便で送るのか、自宅まで出張してもらい査定をしてもらうのか三択になるでしょう。
さらにスムーズに行うには、古書の数を伝えておくことです。何冊あるのかを伝えるのが理想ですが、全てを把握することは難しいでしょう。ダンンボールで何箱分といった具合に伝えても問題ありません。
また、どういったジャンルの古書があるかも伝えておくようにしましょう。文学が多いのか、芸術系の古書が多いのかなどを伝えておくことで、古本屋の方もイメージしやすくなります。
古本屋で古書の買い取りをしてもらうことは決して難しいことではありません。以上のような手順を踏んでスムーズに買い取りを行ってもらうといいでしょう。